病院にいってダイエットをしよう|健康的なカラダを手に入れる方法

お腹

脂肪をなくす方法

体重計

90%の脂肪を取り除けるベイザーの脂肪吸引は、超音波を使って脂肪を乳化させる方法を使う新しいやり方です。乳化されると肉体に与えるダメージが少なくなり、負担をかけることなくダイエットができます。従来の脂肪吸引は、カニューレを使うのが一般的でしたが、届くところまでが限界でした。そのため、カニューレを使った病院の施術でも、理想の体型に届かないという悲惨な事例もあります。病院でできるベイザーの脂肪吸引は、超音波を使った施術になるので広範囲にわたり脂肪を溶かすことが容易にできます。これが90%の脂肪を取り除ける理由なのです。病院でできる脂肪吸引は、さらにレベルアップをしておりダイエットをしながら皮膚を引き締めることが可能となりました。超音波を使ったことで組織の構造を傷つけずに保てるようになりましたから若返ることも簡単にできるでしょう。また、ダウンタイムも従来の脂肪吸引と違い非常に少ないと好評で、可能なら翌日から動くことができます。ベイザーの脂肪吸引は、本来の方法にある血管や神経を傷づける恐れがありません。これも超音波のメリットでしょう。内出血はほぼなく、腫れは、長くても二週間だけです。ただ、施術箇所によってはもっと長引くかもしれませんが、そこまで苦しくはないでしょう。ダイエットのために入院をする必要はなく、自宅安静で大丈夫です。

水流を使った脂肪吸引は、術中の痛みがほぼないと言われています。理由は、止血剤と麻酔を溶かした水を脂肪全体に行き届けたことでしょう。そうすると、出血がほぼなくなり筋肉の損傷を未然に防ぐことができます。病院で受けるダイエット施術の中で最も安全な方法なのは言うまでもありません。もちろん、とても小さい傷口なので施術をしたことを周囲に知られることもないでしょう。ダウンタイムも最小限に抑えることができます。